機械

日本エアロスペース株式会社

グループエントリー

日本の空の安全性/快適性/経済性、及び安全保障に貢献する、航空業界のニッチトップ商社です。

機械

業種

商社/航空宇宙・セキュリティ関連

仕事の特徴

スペシャリストとして専門分野を極める仕事 /グローバルなビジネスに関わる仕事

事業内容

国内の官公庁(防衛省、海上保安庁、航空局等)及び民間の客先向けに、航空機やその構成機器・部品、及びセキュリティ関連機材等を輸入・販売しています。

日本エアロスペース株式会社

企業Profile

60年の歴史(*)を持つ航空専門商社を母体とし、専門商社としてのユニークで専門的なサービスを、伊藤忠グループのネットワークやリソースを活用して展開する「オンリーワン」「ニッチトップ」企業です。(*伊藤忠グループに入る前の歴史を含みます)
事業分野は大きく4つに分かれており、それぞれの営業本部・事業部が担当しています。

1、「航空機本部」はプロペラ機、小型・中型ビジネスジェット機、ヘリコプター用タービンエンジン、航空機用装備品などを取り扱っています。

2、「宇宙航空機器本部」では、"ワンストップショップ"を合言葉に、防衛省様及び防衛関連メーカー様が必要とする航空機製造、維持整備に関するすべてのシステム・部品を提供できるよう、欧米の有力メーカーとタイアップしてサービスを展開しています。

3、「ソリューションシステム本部」では、空港における爆発物・危険物探知システム等、セキュリティ機器を中核とし、お客様のニーズに応えるソリューションを提供しています。

4、「先進技術事業部」では、「第4次産業革命」、「デジタル革命」に対応して既存ビジネスの進化と新たなビジネスの創成に取り組んでおります。

企業PR

当社の強み

日本全国の官公庁及び中・小型航空機運行業者様を中心とするお客様からの強い信頼と、専門商社としてのユニークで専門的なサービスが当社の強みです。日本の小型航空機輸入実績でトップクラスを誇る実績と、ニッチで重要性の高い多様な取扱商品のラインナップは、同業他社の追随を許しません。
また単なる商談仲介に留まらず、航空機・ヘリコプターエンジンに関するメンテナンスサービス等、付加価値の高いサービスへの取り組みは、他の伊藤忠グループ企業にはないユニークな特徴です。現状に安住することなく、「顧客第一主義」をベースとし、お客様のニーズ変化を先取りして常に新しいサービスやビジネスモデルに挑戦を続けています。

企業Data

本社所在地
〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル 西館20階
代表者
谷村 仁司
設立
2004年6月4日
資本金
4億9千万円
売上高
192億円(2017年度)
従業員数
148名(2019年3月末現在)
主な事業所
東京本社、名古屋支店、JACテクニカルセンター(羽田)、東京ヘリポートセンター・ 航空技術センター(新木場)、JAC USA Inc. (ニューヨーク及びロサンゼルス)、欧州事務所(ロンドン)

フォトPR

  • 業界トップクラスの小型航空機輸入実績

    業界トップクラスの小型航空機輸入実績

    日本の航空専門商社の草分けとして、過去60年以上にわたり700機以上の小型機輸入を手掛けています。また、航空機に搭載される各種機材・部品も取扱っています。

  • 航空関連機材・部品の輸入

    航空関連機材・部品の輸入

    日本の空の安全を守るため、官公庁他で活躍する航空機・ヘリコプターには当社が納入した様々な機材・部品が使用されています。写真では、海上自衛隊哨戒機 P-1に使用されている主な当社納入機材・部品を示しています。

  • 最先端セキュリティ機材の輸入

    最先端セキュリティ機材の輸入

    拡散・多様化するテロの防止策として、セキュリティ強化の重要性はますます高まっています。当社は、日本の空港やその他の重要施設に最先端のセキュリティ関連機材を導入することで皆様の安全・安心に貢献します。(写真は最新のミリ波ボディスキャナー)

募集要項

雇用形態
正社員
募集職掌/職種
総合職(コア・スタッフ職): 航空機及び周辺業界に関する営業業務
募集対象学部
全学部・全学科
応募資格
2020年3月に短大、大学、大学院卒業見込みの方、または2018年3月以降に短大、大学、大学院卒業の方で、就業経験がないこと。
※就業経験のある方はキャリア採用扱いとなりますので弊社キャリア採用ページをご参照ください。(https://www.j-aero.co.jp/recruit/career.html)
勤務地
東京本社、名古屋支店、JACテクニカルセンター(羽田)、東京ヘリポートセンター・ 航空技術センター(新木場)、JAC USA Inc. (ニューヨーク及びロサンゼルス)、欧州事務所(ロンドン)
※新卒入社時は原則東京本社に配属。
勤務時間
9:00~17:15(標準労働時間1日7.25時間)
給与
総合職(コア・スタッフ職)
大学卒 : 月給230,000円(2017年実績) 、大学院了 : 月給272,000円(2018年実績)
試用期間
有(入社後3ヶ月間) 本採用後の労働条件との相違 : 無
昇給
年1回
賞与
年2回
諸手当
交通費全額支給、住宅手当ほか
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、有給休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇 等
保険(社会保険他)
社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)、団体扱い生命保険
福利厚生
退職金制度、グループ持ち株会制度、ベネフィット・ワン加入
採用予定人数
2020年4月採用予定:若干名
採用実績人数
2019年4月入社:4名
提出書類
履歴書 等
採用担当者連絡先
〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館20階
経営企画部
電話番号:03-5785-5995
E-mailアドレス:recruit_team@j-aero.co.jp
会社ホームページ:https://www.j-aero.co.jp/
採用ホームページ:https://www.j-aero.co.jp/recruit/newgraduates/

採用方針

着実に成長を続け、業容を拡大している当社は、お客様や取引先の視点に立って自分でアイデアを生み出し、主体的に周囲を動かし、新しいことに挑戦を続けることができる人材を求めています。また、海外のビジネスパートナーとの取引が多いため、英語力は必須です。

参考情報

過去3年間の男女別
新卒採用者数
2018年度 2名(男性1名、女性1名)
2017年度 3名(男性2名、女性1名)
2016年度 4名(男性3名、女性1名)
研修制度
必須研修として新入社員研修、一般研修として階層別研修、外部研修、英語・OS等の基礎力向上研修、社内勉強会、その他研修として海外実務研修等を実施しています。
自己啓発支援制度
語学研修/資格取得受験費用の負担 等
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
27.13時間(2018年度実績)

スケジュール

会社説明会は、以下日程にて開催予定です。
(1) 5月30日(木)午前 (10:30~11:30を予定)
(2) 5月30日(木)午後 (14:00~15:00を予定)
(3) 6月5日(水)午前 (10:30~11:30を予定)
(4) 6月5日(水)午後 (14:00~15:00を予定)
(5) 6月6日(木)午前 (10:30~11:30を予定)
(6) 6月6日(木)午後 (14:00~15:00を予定)

エントリー頂いた方には説明会への申込方法等をご案内致しますので、
ご興味をお持ちの方は伊藤忠グループ採用HPよりエントリーをお願い致します。
※当社の選考に進んで頂くためには「会社説明会への参加が必須」となります。

当社新卒採用サイトでも、採用情報を公開しておりますので是非ご覧ください。
https://www.j-aero.co.jp/recruit/newgraduates/

選考の流れ

  • エントリー
  • 会社説明会(5月30日(木)、6月5日(水)、6日(木)を予定)
  • Web試験(会社説明会参加後、数日以内に受験)
  • 一次・二次面接(6月11日(火)以降)
  • 最終面接(6月14日(金)以降)
  • 内々定(6月中)

ヘリエンジン営業担当

M.S2016年度入社 ヘリコプターエンジン部/商学部卒

M.S

現在の仕事内容と役割

私が所属するヘリコプターエンジン部は、ヘリエンジン製造会社である仏国Safran Helicopter Engines社の総販売代理店として半世紀以上の歴史があり、国内のお客様と同社を繋ぐ日本の窓口としての役割を担っています。主な仕事内容はエンジン本体や部品等の輸入販売、エンジン納品後のアフターサポート(修理・整備のスケジュール調整、不具合対応等)です。私は営業担当として、お客様への訪問や電話を通じての営業活動、またお客様が安心してヘリコプターを運用して頂けるようエンジンの各種サポート業務に従事しています。

仕事のやりがいと醍醐味

1年目からお客様の担当者として主体的かつ積極的に行動できる環境があり、大きな責任が伴いながらも、お客様の安全なヘリコプター運用に貢献できた時に大きな達成感を感じます。また、ヘリコプターは警察、消防、ドクターヘリ、物資輸送等の様々な場面で用いられていますが、私がエンジン納品に携わったお客様のヘリコプターが活躍している姿を見た時の感動は、この仕事ならではの醍醐味ではないかと思います。

現在の仕事に求められる能力

・担当しているエンジンだけではなく、ヘリコプター全般や航空業界についての知識を習得する意欲。
・お客様の信頼を得るための誠実な姿勢と敏速な対応、また様々な依頼に対応できる柔軟性。

ある1日の仕事の流れ

9:00
出社 メールチェック、その日に行う業務の確認。
10:00
ミーティング 海外メーカーと共に進行中の案件、今後の対処について打合せ。
12:00
昼食 オフィス周辺で上司や先輩、同期と昼食。
13:00
外出 お客様を訪問し、進行中の案件について打合せ。
16:00
デスクワーク 外出先から帰社後、打ち合わせ内容を基に資料を作成。
18:30
退社 帰宅

入社後のキャリア

2016年4月
日本エアロスペース㈱へ入社。ヘリコプターエンジン部へ配属。入社後は先輩社員の業務をサポートし、OJTにて指導を受ける。
2016年9月
担当顧客を持ち、本格的に営業活動を始める。

3~5年後に目指すキャリア

ヘリコプターエンジンのプロフェッショナルとして、お客様から一番信頼される営業担当者となることです。そのために、ヘリコプターや航空業界に関する知識を深め、また様々な案件に能動的に取り組むことで、経験値を増やし自分自身の成長に繋げようと日々努めています。

防衛関連機器営業担当

Y.T2015年度入社 宇宙航空機部 機器システムユニット/コミュニティ福祉学部卒

Y.T

現在の仕事内容と役割

私の所属する宇宙航空機器部では、主に防衛省や、航空機をはじめとした防衛装備品の製造を行う民間企業のお客様へ、当社が代理店をしている海外メーカーの製品を販売しています。国内と海外との異なる文化や価値観の中で、それぞれのお客様が納得できるよう、見積入手から受発注、納入までの契約から、納入後のアフターサポート、クレーム案件、様々な問い合わせを海外メーカーと調整しています。併せて、国内のお客様の依頼に合致するような製品の調査や提案という営業活動や、海外メーカーにも貢献するため、取扱製品の新規売り込みも行っています。

仕事のやりがいと醍醐味

上司や先輩が的確にフォローして下さる中で、若手社員でありながらも主体的に担当案件に取り組ませてもらえる環境にやりがいを感じています。仕事では海外メーカーとお客様の間に立ち、両者がより納得し、満足できる結果にたどり着けるよう調整することが醍醐味です。また、海外の優れた製品の情報を入手し、提案することで、お客様、日本の防衛、航空業界に貢献できるような仕事ができることにやりがいを感じます。

現在の仕事に求められる能力

お客様、メーカーの要望や見解をしっかりと把握した上で、適切に展開、調整するコミュニケーション能力が必要とされます。また、解決まで時間を要する案件もあり、粘り強く調整を続けていく責任感も求められます。

ある1日の仕事の流れ

9:00
出社 海外メーカーからのメールをチェックし、客先との打合せ。
10:00
デスクワーク 客先への訪問に向け、資料の準備や打合せ内容の最終チェック。
12:00
昼食 外出先の近くで上司や先輩とランチ。
13:00
外出 客先を訪問し各案件の打合せ。
17:00
会議 客先との打合せ内容を上司に報告し、今後の調整方法を相談
18:00
デスクワーク 客先、上司との打合せ内容をメーカーへ連絡し、検討や情報を提供してもらう。
19:00
退社 同期や同僚と飲みに行く。

入社後のキャリア

2015年4月
日本エアロスペース㈱に入社。宇宙航空機器本部宇宙航空機器部機器システムユニットに配属。
2015年9月~
担当客先を持ち、上司、先輩の監督の下、営業活動を始める。

防衛関連機器営業担当

H.K2012年度入社 名古屋営業部/文学部 歴史文化学科卒

noimage

現在の仕事内容と役割

名古屋営業部では、日本の航空機産業の一大中心地である東海エリアの民間企業や自衛隊に対して、当社が代理店をしている海外メーカーの航空機部品を販売しています。 取扱品目は油圧関連製品、エンジンやブレーキの構成品、計測機材、風防など、多岐に亘ります。私は2014年度より名古屋営業部に異動となり、主に重工メーカーの窓口担当として受発注、納期管理、技術調整、不具合対応といった業務を行っています。また、当社代理店メーカーの製品紹介等の営業活動にも携わっています。

仕事のやりがいと醍醐味

御客様の直面している問題や要求事項に対し、メーカーと共に一丸となって(時にはお客様も一緒に)立ち向かい、解決に導けたときの達成感と、感謝の言葉にやりがいを感じます。
End User が防衛省・自衛隊なので、普段とは異なる雰囲気に触れることもこの仕事ならでは、と思います。

現在の仕事に求められる能力

粘り強く真摯に対応する事。フットワークの軽さ。
日々の業務とは別に製品や業界の知識を付けていこうとする姿勢も、御客様や海外メーカーと対等に話す上で必要です。

ある1日の仕事の流れ

8:45
出社 デスクについたら即メールをチェック。
9:00
ミーティング 週一の定例部内ミーティング。情報共有、方針の確認を行う。
10:00
デスクワーク 前夜の海外からの返信、朝一のお客様からのお問合せ等に対応。
11:30
外出 名古屋での移動は車。ペーパーの人は慎重に。
12:00
昼食 外出先付近で昼食。
13:00
客先訪問 緊急品の納入、客先の技術担当者に製品紹介、客先の購買担当者と打合せなど。
16:00
デスクワーク 帰社後、引き続きメール対応。その他海外メーカーへの問い合わせや商材の勉強など。
19:00
退社 なるべくその日に来た案件はその日のうちに片づける。

入社後のキャリア

2012年4月
日本エアロスペース(株)宇宙航空機器本部 航空電子システム部に入社。先輩社員の指導を受けつつ、主に陸上自衛隊、海上自衛隊主担当として業務を行う。
2014年2月
担当変更。主に陸上自衛隊 主担当として業務を行う。
2014年7月
名古屋営業部に異動、重工メーカーの主担当として業務を行う。

3~5年後に目指すキャリア

知識・経験を蓄えつつ、引き続き防衛ビジネスに関わり、御客様や海外メーカーと製品や技術の突っ込んだ話が出来る営業になり、 新機種への提案に関わってみたいと思っています