化学品

伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社

ゼロをつなげて無限を創る さあ、フロンティアの扉を開けよう

化学品

業種

商社/化学品・医療品

仕事の特徴

グローバルなビジネスに関わる仕事 /社会や人々の生活基盤を支える仕事

事業内容

有機化学品や医薬品の国内販売・輸出入を行う化学品専門商社です。 伊藤忠グループ収益貢献額TOP10の実績を持っており、今日もグローバルに新たな価値を創造しています。

伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社

企業Profile

―“世界有数の化学系商社”を目指して―

ダイナミックなトレードを展開する「有機原料」分野、商社の枠を超えた顧客の戦略的なパートナーとして顧客の製品の企画や提案、開発にも密接に関与する「機能化学品」分野、需要増大中のジェネリック医薬品を始めとした「医薬品」の3分野において、伊藤忠グループのインフラやネットワークを最大限に活用しながら、グローバルにビジネスを展開しています。

企業PR

全世界がフィールド!

収益の約60%が海外企業との取引です。
世界約100ヵ所の国や地域において「有機原料」「機能化学品」「医薬品」と有機化学品分野の川中から川下に至る輸出入取引は元より事業投資やM&Aも展開するなど、“全世界がビジネスフィールド”です。
また、主要地域の伊藤忠組織には当社社員も駐在しており、今後も積極的にグローバル展開していきます!

新規ビジネスの推進

ナノ素材やバイオケミカル、新エネルギー関連商品など、将来性豊かな商材・新商品の開発を進める組織である「新規ビジネス推進部」。営業組織に横串を刺し、各部署で培ってきたノウハウや強みを繋ぎ合わせて現有ビジネスのさらなる拡大を図るとともに、新たな価値創造によって次世代をリードすべく挑戦しています!

企業Data

本社所在地
〒107-8077
東京都港区北青山2-5-1伊藤忠ビル16階
代表者
代表取締役社長 宮﨑勉
設立
1971年9月(昭和46年9月)
資本金
11億円
売上高
1,320億円(2017年度)
従業員数
277名(2018年4月現在)
主な事業所
国内:大阪支店・名古屋支店
海外:伊藤忠商事と連携(約100ヵ所)

フォトPR

  • 本社のオフィス風景

    本社のオフィス風景

    伊藤忠ビル16階にある本社オフィス。
    仕切りのない快適な空間です。営業担当は国内外を飛び回っており、半月以上社内に居ないこともしばしば。ここから日々新たなビジネスが誕生しています。

  • 商社パーソン。仕事のワンシーンです。

    商社パーソン。仕事のワンシーンです。

    営業には世界各国から情報が集まります。
    そのため国際電話も日常的。社内には英語や中国語の会話が飛び交っています。先輩とお客様の会話を聞いて交渉術をこっそり勉強するのも若手社員の大切な仕事の一つです。

  • OFFタイムの過ごし方

    OFFタイムの過ごし方

    社内サークル活動の一環であるフットサルチームです。 就業後には会社前のコートで練習をし、商社リーグにも参加するなど他社との交流も深めています。 他にも合唱やハイキングなど、各自仲間を見つけOFFタイムを過ごしています。

募集要項※掲載されている情報は2019年度のものです。

雇用形態
正社員
募集職掌/職種
(1)総合職 (2)事務職
募集対象学部
全学部・全学科
応募資格
(1)2019年3月までに短期大学・大学・大学院を卒業見込の方および既卒者。
(2)職歴(アルバイト・インターンは除く)がないこと 
(3)伊藤忠ケミカルフロンティアの役員・社員の親子・兄弟姉妹でないこと
勤務地
(1)《総合職》東京・大阪・名古屋・海外
(2)《事務職》東京・名古屋 ※総合職は転居を伴う異動があります。
勤務時間
9:00-17:15 所定勤務時間 7時間15分
給与
(1)総合職
大学院了 : 月給270,000円(2019年4月予定)
大学卒 : 月給230,000円(2019年4月予定)
(2)事務職
大学卒 : 月給192,000円(2019年4月予定)
短大卒 : 月給180,000円(2019年4月予定)
試用期間
有(入社後3ヶ月間) 本採用後の労働条件との相違 : 無
昇給
年1回 ※職務・行動・成果に応じて決定
賞与
年2回
諸手当
通勤費支給、時間外勤務手当等
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、有給休暇(初年度14日)、慶弔休暇、育児休業等
保険(社会保険他)
社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
福利厚生
制度/シーアイグループ新従業員持株会、財形貯蓄制度など
施設/独身寮、単身寮、社宅(総合職のみ)
その他/福利厚生サービス提供会社の法人会員となっております。
採用予定人数
総合職、事務職10名程度
採用実績人数
2019年4月入社予定 9名(総合職5名、事務職4名)
提出書類
エントリーシート、その他
採用担当者連絡先
〒107-0061
東京都港区北青山2-5-1 伊藤忠ビル16階
財務経理・人事総務グループ 人事・総務課
電話番号:03-3497-4507
E-mailアドレス:saiyou@itcchem.co.jp
会社ホームページ:http://www.itcchem.co.jp/ 
採用ホームページ:http://www.itcchem.co.jp/jp/recruit/index.html 

人事担当者からのメッセージ

「次世代を切り拓く商社パーソン」を求ム!
商社は“モノ”を持っていません。新たなビジネスを創造していくのはまさに“人”。自らの手で世の中に新たな価値を創造したいという“熱い想い”とそれを自ら核となって実行していく“行動力”を持った人が活躍できるフィールドがあります。
さぁ、我々と一緒に“0(ゼロ)を繋げて∞(無限)”を創ろう!

研修・教育制度

内定者研修(英語)
新入社員研修 (社会・会社・ビジネスに関するマナー・マインド・知識・スキル)
基礎コース(実務法務、貿易実務、経理財務)
語学研修(英語、中国語)
海外語学派遣研修(中国、アメリカ)
キャリアに合わせ意識・スキル・能力を高める各種研修プログラム有り
※一部総合職のみ対象の研修も含まれております。

参考情報

過去3年間の男女別
新卒採用者数
2018年度 9名(男性3名、女性6名)
2017年度 10名(男性3名、女性7名)
2016年度 10名(男性5名、女性5名)
平均勤続年数
11.1年(2018年4月時点)
研修制度
新入社員向けビジネスマナー研修、伊藤忠グループ合同研修、キャリアデザイン研修(他社との若手社員交流研修)、英会話研修、短期中国派遣研修(総合職のみ)
自己啓発支援制度
事業戦略構築、マーケティング、MBA、コーチング・育成など100種類の研修の受講が可能
メンター制度
あり
キャリアコンサルティング制度
年に一度、上司と今後のキャリアステップについて面談する機会があります。
社内検定等の制度
基礎3科目(貿易実務、財務経理、実務法務)、英会話
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
34.5時間(2017年度実績)
有給休暇の平均取得日数
(前年度実績)
11.1日(2017年度実績)
育児休業取得対象者数・
取得者数
取得対象者数:8名(女性3名、男性5名)(2017年度実績)
取得者数:3名(女性3名、男性0名)(2017年度実績)

スケジュール

【インターンシップ】 リクナビよりご応募ください
1月16日(水)インターンシップ(東京)
1月18日(金)インターンシップ(大阪)
1月22日(火)インターンシップ(東京)
2月 5日(火)インターンシップ(東京)
2月 7日(木)インターンシップ(東京)
2月 8日(金)インターンシップ(大阪)

【セミナー】 大学セミナーは、在籍する学生のみ参加できます。リクナビより案内の連絡を行います。
1月25日(金)伊藤忠グループセミナー
2月 4日(月)山口大学 業界セミナー
2月 6日(水)山形大学 業界セミナー
2月14日(木)中央大学 業界セミナー
2月19日(火)青山学院大学 業界セミナー(相模原キャンパス)
2月21日(木)成蹊大学 業界セミナー
2月25日(月)青山学院大学 業界セミナー(青山キャンパス)

 

海外営業(ジェネリック医薬品)

I.K2005年度入社 医薬事業部 営業第一部 医薬第二課/理工学部卒

I.K

現在の仕事内容と役割

国内のジェネリック製薬会社に有効成分と呼ばれる物質を提案・紹介する仕事をしています。私の取り扱っている商材の内9割以上が、海外の製薬会社の製造する成分です。任される仕事の範囲が非常に広く、日々、緊張感と責任感をもって業務を行っています。医薬事業部には3つの部があり、総勢約40名。自分の課以外の先輩・後輩と接することが多く、専門的なアドバイスを毎日のようにもらい、とても刺激的な部署です。社会人になっても日々勉強ですが、向上心を持てば持つほど熱心に教えてくれるアツい人ばかり。“向上心を持っている人”、“成長したい人”にはとても刺激的な会社です。

仕事のやりがいと醍醐味

海外の会社との折衝が何といっても醍醐味。文化・言語・常識が違う中、一筋縄ではいかない人たちと専門的な話をします。そして、自分の「これぞ!」と思ったものをお客様へ紹介し、成約まで繋がった瞬間にこの上ないやりがいを感じます。失敗から学ぶことの方が多いですが、自分が100%信じて全力で突き進めて行く事にやりがいと醍醐味を感じます。

現在の仕事に求められる能力

「創造的に物事を考え、忍耐強く展開していく実行力をもつこと。」
決められた事をきっちり出来て80点。能力ではなく“努力”!自ら考え、最後までやり切って満点と思っています。障害は色んな所にあります。

ある1日の仕事の流れ

9:00
出社 着席後、毎朝配信される新聞に目を通す。
10:00
外出 お客様との面談に向かう。移動中メールを確認。
13:00
帰社後 デスクワーク 昼食をお気に入りのレストランで済ませて帰社。デスクワーク開始。
15:00
面談 お客様と社内で打ち合わせ。
16:30
社内打ち合せ 他課の同僚と打ち合わせ。
17:00
デスクワーク 外出中に確認をしたメールに対応。
19:00
電話会議 海外の会社と電話会議。
20:00
退社 電話会議を終えた後、社内業務を行い、翌日の予定を確認して、退社。

入社後のキャリア

2005年4月
入社。スペシャリティ事業部・ITビジネスユニットに配属。営業の基礎を学ぶ。
2007年4月
ファーマ・ライフサイエンス事業部医薬第二ビジネスユニットへ異動。医薬品について1から勉強の日々
2008年4月
同事業部医薬第一ビジネスユニットへ異動。ヨーロッパ、アジアを中心に海外を飛び回る日々が始まる。
2010年4年
組織変更により、現課へ名称変更。新規ビジネスをつくるべく、日々奔走中。
2013年4月
新入社員のメンター(総合的サポートを行う先輩社員)にもなり、後輩育成にも力をいれる。

3~5年後に目指すキャリア

3~5年後はジェネリック業界の激動と変化の年。新たなビジネスモデル・新天地を僕らの世代が担い創り出す事が必要です。実質的にそれを始め、試行錯誤している姿が浮かびます。転がっているヒントを拾って実行に移し始める時期が2017年以降。芽が出るのは早くても2020年頃でしょうか?

海外営業(ライフサイエンス、食品添加物)

I.A2000年度入社 エコ・ライフサイエンス事業推進室 エコ・ライフサイエンス部 フードサイエンス課/大学院 農学研究科卒

I.A

現在の仕事内容と役割

コンビニエンスストアや食品加工メーカー向けの食品に用いる化学品全般を取り扱っています。加工食品を、様々な流通形態で消費者に届けるにあたり、食中毒を防止すべく微生物を制御したり、食品の品質を高めるために機能性食品素材を駆使したり、製造現場で問題点を拾い上げ解決策を提案したりと、様々な視点から食の在り方を見つめ、ソリューションを考え提案しています。伊藤忠グループの中でも、一番消費者に近いビジネスの一つだと思います。
先月は、新規導入する素材の製造現場視察でフランスへ、来月は現地コンビニ店舗視察・商談で台湾・上海と、海外出張も多いです。先輩から引継いだネットワークと伊藤忠グループの総合力を使って、更に一段と拡大する今後益々増えるビジネスです。

仕事のやりがいと醍醐味

“醍醐味”を感じるのは、何と言っても新たなビジネスがスタートする時です。いくら上手く行きそうな案件でも、落とし穴はあります。決定するまでは油断しないよう、あらゆる状況を予測し、臨機応変に対応すべく準備をしています。“やりがい”は、ベタですが、心からの「ありがとう」を聞けた時に感じる事が多いです。たくさんの“やりがい”を生み出す“醍醐味”を求めて、中期的に動く事を忘れずに日々の業務を遂行しています。

現在の仕事に求められる能力

「人を巻き込む力」だと考えています。人を巻き込むには、場面場面でそれぞれ必要な能力があると思いますが、特に最後に地盤を固めるブルドーザーの様な力が不可欠な仕事であると感じています。

ある1日の仕事の流れ

9:00
コンビニ本部へ直行 「人を巻き込む力」だと考えています。人を巻き込むには、場面場面でそれぞれ必要な能力があると思いますが、特に最後に地盤を固めるブルドーザーの様な力が不可欠な仕事であると感じています。
13:00
客先訪問 予定した面談に先方の取締役が急遽同席となったため、ご来社を辞退し、こちらから訪問することに。
14:30
出社 やっとデスクに。メールと業界紙のチェック。To do リストも数日に一回作ります。
15:30
電話 午前中に電話あった数件の取引先にコールバック。アポイントの日程決めます。
16:00
説明会 昨今、コンプライアンス系の研修や説明会が多いです。しっかり聞かなければ。
17:00
来客 メーカーさんがご来社。次月の海外出張同行を要請。現地でのプレゼンなど詳細をつめる。
19:00
会食 夏から予定が合わなかったサプライヤーさんと、随分遅い“暑気払い”。美味しいモノ食べるのもお仕事。

入社後のキャリア

2000年4月
入社。生物化学品部生物化学品課に配属。学生時代の知識を活かそうと、やる気に満ち溢れたスタート。
2005年7月
ライフサイエンス事業部生物化学品部に異動。任される仕事の幅もかなり増えてきた。
2005年10月
海外語学研修生として海外派遣。半年間、語学と現地文化を学ぶ。
2006年4月
帰国後、ファーマ・ライフサイエンス事業部ライフサイエンスビジネスユニットへ異動。海外経験を活かし、世界中を奔走。
2010年4月
組織変更により、現所属課に名称変更。先方へ足繁く通い、信頼を勝ち取る営業パーソンに。

3~5年後に目指すキャリア

戦略的な構想力と、ファシリテーション能力を磨き、内外ともにリーダーシップを発揮できる『プロの仕切り屋』となるべく、日々励んでいます。将来的には、魅力的な活気ある組織を作り上げ、社内のみならず社外の関係者を巻き込んで、“世界が直面する食糧問題に一石が投じられる”ポジションにつきたいと思います!