食料

伊藤忠飼料株式会社

明日のおいしさを創る 畜産インテグレーションの伊藤忠飼料

食料

業種

飼料製造業

仕事の特徴

スペシャリストとして専門分野を極める仕事 /社会や人々の生活基盤を支える仕事

事業内容

飼料事業:各種飼料の製造・販売
種畜事業:種豚・種鶏の育種改良・生産・販売
食品事業:畜産物の生産・加工・販売
研究所  :飼料・飼養・食品に関わる研究開発・分析・衛生管理

伊藤忠飼料株式会社

企業Profile

明日のおいしさを創る 畜産インテグレーションの伊藤忠飼料

当社は長年にわたり、畜水産の飼料メーカーとして成長してきました。私達は食卓をまっすぐ見つめ、肉や卵を作っています。そのためには不可欠である適切な農場管理、種畜の育成、飼料原料の吟味などをトータルに事業展開しています。「食は命の原点である」という視点から、責任をもって皆様へ安心とおいしさをお届けします。「畜水産事業を通じて広く社会に貢献する」をモットーに、これからも歩み続けていきます。

企業PR

当社の強み

私達の食生活に欠かせない【豚肉・鶏肉・鶏卵・水産物】の味や安全性を追求すると、それらを育む「飼料」こそ安全で高品質なものでならなければなりません。当社では、その食材となる飼料原科の吟味から始まり、畜水産物の流通に至るまで幅広く手掛けることにより、健康で豊かな食文化創造へ貢献・支援しております。

企業Data

本社所在地
〒136-8511
東京都江東区亀戸二丁目35番13号
代表者
代表取締役社長 藤嶋照夫
設立
1961年2月1日
資本金
19億1,000万円
売上高
801億円(2017年度)
従業員数
248名(2018年3月末現在)
主な事業所
東京・八戸・北上・那須塩原・名古屋・姫路・宇和島・小倉・鹿児島

フォトPR

  • 本社オフィス

    本社オフィス

    東京都江東区亀戸オフィスには、本社管理部門及び、飼料、水産、鶏卵、畜産の販売部門があり、全国の支店・工場・営業所とITネットワークにより事業活動を行っています。

  • 品質の確かな畜産物

    品質の確かな畜産物

    伊藤忠飼料がスーパーなどの流通業へお届けしている食材は、自社もしくは伊藤忠飼料グループの農場で生産・加工したものです。飼料から飼養管理、物流までを一貫しておこなうことで、おいしさはもちろんのこと品質と安全性を確保し、安心して食卓でご利用いただける食材の供給をモットーにしています。

  • 研究所

    研究所

    栃木県那須塩原市の研究所では、差別化商品の開発、飼育管理技術の開発、農場などの環境対策、畜産用配合飼料の改良と開発の4つのテーマを研究課題として取り組んでいます。

募集要項※掲載されている情報は2019年度のものです。

雇用形態
正社員
募集職掌/職種
総合職
(1)獣医師 (2)飼料事業部門 (3)食品事業部門 (4)研究・技術開発部門 (5)管理部門
募集対象学部
全学部全学科
応募資格
2019年3月に大学・大学院卒業見込みの方
勤務地
八戸・北上・東京・名古屋・姫路・宇和島・小倉・鹿児島・那須塩原 他
勤務時間
9:00~17:45(但し、勤務場所により8:00~16:45、8:30~17:15)
給与
大学院了 : 月給233,800円(2017年4月実績)   
大学卒 : 月給223,200円(2017年4月実績)
試用期間
有(入社後3ヶ月間) ※本採用後の労働条件との相違 : 無
昇給
年1回
賞与
年2回
諸手当
通勤手当、営業手当、研究・外勤手当、時間外勤務手当など
休日・休暇
土・日・祝、年末年始(12/30~1/3)、創立記念日、別途夏期3日
保険(社会保険他)
社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
福利厚生
企業年金制度、勤労者財産形成積立制度あり
採用予定人数
2019年4月予定:9名程度
採用実績人数
2017年4月実績:9名
提出書類
エントリーシート、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書
採用担当者連絡先
〒136-8511
東京都江東区亀戸二丁目35番13号
人事総務チーム・谷畑、石原
電話番号:03-5626-3209
E-mailアドレス:recruit@itochu-f.co.jp

人事担当者からのメッセージ

おいしく、安心できる食材をお届けするために、当社は飼料原料の吟味から食卓にのぼる食材の提供までを幅広く管理・生産している総合食品企業です。飼料・畜水産・食品・バイオ・管理等多様な分野に活躍の場が広がっています。
私達と一緒に、日本の「食」の未来を創ってみませんか。

参考情報

過去3年間の
新卒採用者数・離職者数
採用者数:2017年度 9名/2016年度 5名/2015年度 8名
離職者数:2017年度 1名/2016年度 0名/2015年度 1名(2018年2月末現在)
研修制度
内定者研修、新人研修、新人フォローアップ研修、各種階層別研修、テーマ別研修、各種通信教育
有給休暇の平均取得日数
(前年度実績)
5.9日(2016年度実績)

スケジュール

2020年度新卒採用情報は31日より公開予定です。
 

畜産営業

M.Y.2017年度入社 畜産部 営業課/応用生命科学部 動物科学科

M.Y.

現在の仕事内容と役割

飼料メーカーの強みを生かした提案を行い、首都圏を中心に豚肉の営業をしています。
ハム・ソーセージメーカーと異なり、正肉のみを納品している為、季節ごとに新製品を提案することは少ないのですが、お客様のもとへ通い、品質の確認や要望を聞き取り、改善するのがメインの仕事になります。

仕事のやりがいと醍醐味

お客様は経験・知識ともに豊富で勉強させて頂くことばかりです。しかし、お客様から要望を聞き出し、それに応えることで信頼関係を構築できたときや、自分が携わっている商品を手に取ってもらっているのを見るときにやりがいを感じます。

現在の仕事に求められる能力

食肉を扱っているため食肉に関する知識はもちろん、お客様の声を的確に聞き取ること、こちらの情報を的確に伝える為のコミュニケーション能力やお客様からの要望に向き合い真摯に取組む姿勢など、様々な能力が必要かと思います。

ある1日の仕事の流れ

8:30
出社 メールチェック、回覧資料等確認
9:00
朝会 業務報告、今後のスケジュール等を共有
10:30
デスクワーク オーダー受注、資料作成、経費精算
12:00
昼食
13:00
外出・商談 精肉部チーフと情報交換、販促打合せ
17:00
帰社 商談内容を上司へ報告、レポート作成
19:00
退社

入社後のキャリア

2017年4月
入社。半年間で本社研修、研究所研修、グループ会社での農場研修、OJT研修を実施。
2017年10月
畜産部営業課に配属。

3~5年後に目指すキャリア

食肉に関する知識についてもまだ勉強中ですが、さらに飼料や農場管理についての知識も身に着け、多角的な視点からの提案ができるようになりたいと考えています。

研究開発

Y.S.2017年度入社 研究所 研究技術チーム/生命農学研究科 生命技術学専攻

Y.S.

現在の仕事内容と役割

①研究開発:牛用の配合飼料を開発するとともに、研究所内の牛を用いて、哺乳~肥育出荷までの様々ステージにおける試験を実施しています。さらに、フィステル牛と呼ばれる特別な牛を使って、新規原料・製品の消化性や性能の評価もしています。
②顧客先 技術支援:営業の方を通じてお客様のご依頼・ご要望などを伺い、配合飼料の提案や飼養管理方法のアドバイスなどの技術的なフォローを実施しています。

仕事のやりがいと醍醐味

入社して間もないため知識も技術も至らずで、毎日勉強の日々です。
しかし、自分が実施した試験や評価の結果が、実際の配合飼料につながっていくときには、強いやりがいを感じます。また、自分の作成したマニュアルや資料などが、営業の方やお客様の技術支援に役立っているときにも、やりがいを感じています。

現在の仕事に求められる能力

養牛にかかわる深い知識と技術にはじまり、情報把握能力、正確性、社内やお客様とのコミュニケーション能力など必要なものは多くありますが、なかでも何事にも「なぜ?」と考えて学ぼうとする意欲と農家さんへ役立つ技術を届けたいという想いは大切かと思います。

ある1日の仕事の流れ

8:15
出社 メールおよび回覧等の確認
8:30
飼養管理 所内農場にて牛の状態確認。前日の残飼量を確認し、朝の給餌
10:00
事務処理 経理処理。資材や薬品の発注
12:00
昼食 研究所内にある食堂で日替わりランチ
13:00
資料作成 上司や会議に提出する資料、試験計画書の作成
15:30
飼養管理 所内農場にて牛の状態確認。朝の残餌量を確認し、夕方の給餌
16:30
データ処理 簡単な実験や測定。データ解析
20:00
退社

入社後のキャリア

2017年4月
伊藤忠飼料㈱入社。本社・研究所研修、グループ会社での農場研修、配属先OJT研修
2017年10月
研究所研究技術チーム配属。各畜種の研修後に、養牛担当となる。

3~5年後に目指すキャリア

養牛に関わる知識や技術がまだまだ乏しいので、可能な限り生産現場に足を運びながら、積極的に吸収したいと考えています。知識・技術を深めることで、生産者の方からのご依頼やご要望に的確に応えるとともに、各支店営業の方からの問合せにも迅速に応えられるような人材になりたいと思っています。

財務経理

H.W.2016年度入社 財務経理・リスク管理部 財務チーム/農学部 亜熱帯地域農学科

H.W.

現在の仕事内容と役割

財務チームでは、主に日々の支払業務、運転資金の調達を行っております。これらの業務に付随して、年間の借入予定額を算出するなど資金計画をたてるのも重要な業務の1つです。また、銀行対応業務、従業員の銀行手続のサポート、子会社貸付金の管理、社内使用金利の改定等も担当しています。

仕事のやりがいと醍醐味

資金管理は会社の運営に直接関わってきます。資金が不足してしまうと、会社が倒産してしまいますし、借入金が必要より多くなってしまうと、金利負担が増え会社の業績を圧迫してしまいます。各部門・子会社から情報を収集し、適切なタイミングでの資金調達および計画通りの資金管理ができた際にやりがいを感じます。

現在の仕事に求められる能力

数字の整合性を取ることが必要です。支払業務はもちろんですが、会社の決算の数字に影響してくる業務等もありますので、数字に整合性を持たせなければなりません。また、業務上、各支店や子会社の従業員、伊藤忠商事の方、銀行の方など、様々な方と関わる機会が出てきますのでコミュニケーション能力も大切です。

ある1日の仕事の流れ

8:45
出社 メールチェック、スケジュールチェック
9:00
打合せ チーム内で業務進捗、スケジュール共有
10:00
支払・資金調達 支払処理、資金繰を確認し借入額を決定・申請を行う
12:00
昼食
13:00
資料作成 資金計画資料、月次決算資料作成等
16:00
来客 銀行担当者の定期訪問対応
19:00
退社

入社後のキャリア

2016年4月
入社。本社研修・研究所研修・農場研修
2016年10月
リスク管理部法務審査チームに配属
2018年4月
財務経理・リスク管理部 財務チームに配属

3~5年後に目指すキャリア

会計知識を身に付け、現在の業務を深める一方で、新しい分野にも挑戦し広く活躍できるような人材を目指していきたいです。