機械

東京センチュリー株式会社

『金融×サービス×事業』 目に見えるカタチで社会貢献

機械

業種

金融/リース・その他金融

仕事の特徴

スペシャリストとして専門分野を極める仕事 /グローバルなビジネスに関わる仕事

事業内容

官公庁や法人向けに、情報関連機器、通信機器、各種機械設備、輸送用機器の賃貸・割賦販売事業、ファイナンス事業、各事業に関連するサービス等の事業を展開しています。

東京センチュリー株式会社

企業Profile

自由度を活かした事業展開

東京センチュリーは、伊藤忠商事・みずほグループなどを主要株主とする総資産3兆円超の業界トップクラスの金融・サービス企業です。私たちは、国内約25,000社の顧客基盤を有し、強みとする情報関連機器を筆頭に業界トップクラスの国内リース事業分野、船舶、航空機、環境・エネルギー、不動産、医療・福祉などのスペシャルティ事業分野、また法人・個人向けオートリースにレンタカーを加えた業界屈指の国内オート事業分野、さらに欧米をはじめ、東アジアからアセアン、インドと業界有数の海外ネットワークをもつ国際事業分野と、広範な事業を展開しています。

業界トップクラスのグローバルネットワーク

当社は業界の中でもグローバル事業に注力しており、海外拠点は既に国内拠点を超える37ヵ国に展開しています。アジアを中心としたグローバルネットワークを活かし、お客さまの海外事業戦略や海外生産拠点の構築などの事業活動をサポートしています。
更に近年は、海外地場優良企業、金融機関など事業パートナーとするアライアンス戦略の推進により、各国固有のニーズに応える専門サービスを提供しており、世界を舞台に活躍したい方に相応しいのが東京センチュリーです。

企業PR

当社の強み

当社は、優良なお客さまに恵まれるなか、規制に縛られない、銀行・商社・メーカーの中間領域で自由に事業展開できる稀有な存在です。「所有から利用へ」とドラスティックな時代の変化に合わせながら、「リース」という枠を超え、『金融×サービス×事業』の3軸融合による「金融機能を持つ事業会社」として、新しい金融・サービス業を目指しています。

研修制度

社員教育に力を入れており、新入社員から入社9年次まで毎年研修を実施しています。指導員となるOJTトレーナーだけでなく、部署一丸となって新入社員の能力を最大限に伸ばしています。

企業Data

本社所在地
〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル
代表者
浅田 俊一
設立
1969年
資本金
342億円
売上高
1兆122億円(2018年3月現在)
従業員数
6,035名(2018年3月現在)
主な事業所
本社および全国の各事業所
【国内】本社(秋葉原)、札幌、仙台、さいたま、御徒町、横浜、静岡、名古屋、金沢、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
【海外】米国、英国、ドイツ、スペイン、オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、ポーランド、スロバキア、中国、台湾、インド、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、カナダ、メキシコ、コスタリカ、ドミニカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ、プエルトリコ、ブラジル、コロンビア、ペルー、計37ヵ国

募集要項※掲載されている情報は2019年度のものです。

雇用形態
正社員
募集職掌/職種
(1)総合職(全国勤務型・首都圏勤務型):営業、財務、経理、審査、総務、人事、他 
(2)業務職(首都圏勤務型):営業ライン・業務ラインにおける事務、管理業務、他
募集対象学部
全学部全学科
応募資格
(1)総合職:2019年3月までに大学もしくは大学院を卒業される方
(2)業務職:2019年3月までに大学もしくは大学院を卒業される方
勤務地
(1)総合職 (全国勤務型):本社および全国の各事業所、海外現地法人
(2)総合職(首都圏勤務型):本社および首都圏の各事業所
(3)業務職(首都圏勤務型):本社および首都圏の各事業所
勤務時間
9:00~17:15
給与
(1)総合職(全国勤務型)
大学院了 : 月給235,000円(2017年度4月実績)
大学卒 : 月給210,000円(2017年度4月実績)
(2)総合職(首都圏勤務型)
大学院了 : 月給223,000円(2017年度4月実績)
大学卒 : 月給205,000円(2017年度4月実績)
(3)業務職(首都圏勤務型)
大学院了 : 月給192,000円(2017年度4月実績)
大学卒 : 月給180,000円(2017年度4月実績)
試用期間
有(入社後3ヶ月間) 本採用後の労働条件との相違 : 無
昇給
年1回
賞与
年2回
諸手当
通勤手当、時間外勤務手当、健康診断(年1回)、各種施設補助、等
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)
祝日、年末年始、年間休日122日(2016年度実績)、年次有給休暇(14~20日)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇(勤続15年、25年)、時間休制度、アニバーサリー休暇、ボランティア休暇、妊娠出産のための健康診査通院休暇、看護休暇、産前・産後休業、育児休業、介護休業、等
保険(社会保険他)
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、厚生年金基金、団体扱い生命保険、損害保険
福利厚生
【制度】退職金制度、厚生年金基金、財形貯蓄制度、従業員持株会、育児・介護休業制度、育児のための短時間勤務制度、健康診断(年1回)、等
厚生施設等/独身寮<総合職(全国勤務型)のみ>、各種施設補助、等
【クラブ活動】野球、テニス、サッカー、バスケットボール、釣り、等
採用予定人数
2019年4月採用予定:約20名
採用実績人数
2018年4月入社予定:24名
提出書類
エントリーシート、成績証明書、等
採用担当者連絡先
〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル
人事部 採用・研修グループ
電話番号:0120-099117
E-mailアドレス:tc-recruiting@tokyocentury.co.jp
会社ホームページ:https://www.tokyocentury.co.jp/ 
採用ホームページ:https://www.tokyocentury.co.jp/recruit/  

人事担当者からのメッセージ

多くの企業から入社する一社を見つけ出す就職活動は、人生において自分と最も向き合う機会かもしれません。面接等、緊張する場面も多くなりますが、採用担当者も同様に「一緒に働く仲間」を探すため緊張感を持って臨んでいます。自信を持って当社に飛び込んできてください。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

求める人材

チャレンジする気持ちを持つこと。今までの考え方や過去の進め方に固執することなく、積極的に打ち破っていくチャレンジ精神が欠かせません。失敗を恐れず、たとえ失敗しても再び立ち上がって先を目指す前向きさも期待するところ。「また次がある」と思って立ち上がることができる強い気持ちを持った人材を私たちは求めています。

教育研修制度

全ての意欲ある社員が活躍の場を広げることができるよう教育研修制度の充実を図っています。具体的には、金融・税務・会計の基礎知識、取引に関わる法律を学びます。新入社員は、入社後1ヶ月間の新入社員導入研修、その後2回のフォロー研修を実施いたします。また、配属先ではOJTトレーナーによる指導が1年間行われます。その後も毎年実践的な内容の研修が用意され、階層別研修、新任管理職研修へ引き継がれていきます。

参考情報

過去3年間の
新卒採用者数・離職者数
採用者数:2017年度 37名/2016年度 36名/2015年度 24名
離職者数:2016年度 1名/2015年度 2名/2014年度 2名
過去3年間の男女別
新卒採用者数
2017年度 37名(男性25名、女性12名)
2016年度 36名(男性26名、女性10名)
2015年度 24名(男性18名、女性6名)
平均勤続年数
16.8年(2016年度実績)
研修制度
入社後、約1ヵ月間の新入社員導入研修、その後2回のフォロー研修を実施致します。以降、毎年実践的な内容の研修が用意され、階層別研修、新任管理職研修へ引き継がれていきます。
自己啓発支援制度
資格取得の費用補助、社外講習費用の会社負担等があります。
メンター制度
配属先では、OJTトレーナーによる指導が1年間行われます。
キャリアコンサルティング制度
約1年に一度、人事部との面談およびキャリア希望を記載するプロフィールシートの提出があります。
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
9.7時間(2016年度実績)
有給休暇の平均取得日数
(前年度実績)
14日(2016年度実績)
育児休業取得対象者数・
取得者数
取得対象者数:47名(女性18名、男性29名)(2016年度実績)
取得者数:45名(女性18名、男性27名)(2016年度実績)
役員・管理職の女性比率
役員:3% 管理職:6.6% (2017年7月時点)

スケジュール


●インターンシップスケジュール

(1)キャリアアカデミー
(2)リース/スペシャルティ/国際
(3)業務職向け(一般職)

受入期間:2018年10月1日~2019年2月20日
※(2)と(3)に関してはプログラムの詳細が決まり次第、順次ご案内致します。

●応募の流れ
【1】当社インターンシップマイページにご登録ください。
  
https://mypage.1170.i-web.jpn.com/tc-recruiting2020/
 ↓
【2】当社インターンシップマイページログイン用のID・PWが届きます。
 ↓
【3】当社インターンシップマイページより、お好きなカリキュラムをご予約ください。

東京センチュリー採用HP:
https://www.tokyocentury.co.jp/recruit/
東京センチュリーインターンシップマイページ:https://mypage.1170.i-web.jpn.com/tc-recruiting2020/
 

海外現地法人(営業・管理)

荻野 達圭2004年度入社 インドネシア現地法人 Marketing Division/法学部

荻野 達圭

現在の仕事内容と役割

海外現地法人の営業管理者として、日本人派遣員・現地社員と協力しながら、取引先の事業内容やキャッシュフロー、決算書の分析を通じてリースを中心に最適な金融サービスを提供しています。
企業が工場設備などインフラ投資する際は、必ず資金が必要となります。取引先に対して、インドネシアの会計・税務を説明して資金ニーズに沿った提案を行っています。取引先は、地場企業や多国籍企業も多く、価値基準が日本と異なることもあるため、丁寧に取引先の意向を聞き取るよう心掛けています。

仕事のやりがいと醍醐味

経済成長を続けるインドネシアで自分達の仕事がその活力の一部となっていることを実感できます。
また、海外現地法人は、会社を一から立ち上げる必要があり、業務は営業以外にも人事や総務、財務など多岐にわたります。自分の仕事が現地法人の業績に直結する責任の重さはありますが、現地法人の社員全員で会社を創り発展させていくことは何よりの励みとなります。

現在の仕事に求められる能力

交渉する相手の国籍は、日本・インドネシア以外にも東南アジア、欧米など多岐にわたります。
言語は違いますが相手を理解しようとする姿勢、なぜ・どうして?といった疑問を見つけ、それを解決する意欲が求められます。

ある1日の仕事の流れ

7:30
出社 メール、日本とインドネシアの新聞記事、為替推移などをチェック。
9:00
始業 営業担当者と打合せ。ファイナンス相談を受けた現地企業の財務内容を確認、取組方向性を指示。
10:00
面接 法務担当者の採用面接。
11:30
昼食 オフィスと同じビルにある日本食レストランでスタッフと昼食。
13:00
打合せ 日本本社・シンガポール現法との電話会議。得意先に対する提案内容について協議。
15:30
外出 インドネシアに新規進出した日系企業に対してリースの利用提案。
19:00
退社 ゴルフ仲間と飲み会。来週のゴルフコース攻略をネタに盛り上がる。

入社後のキャリア

2004年3月
中途入社(3年目)。1ヶ月の研修後、横浜支店に配属。横浜市内の企業・官公庁を担当。
2008年4月
名古屋営業部に異動。三重県内の企業・官公庁を担当。延払貿易で中国に進出した日系企業との取引を拡大。
2010年9月
国際営業統括部に異動。海外現地法人(シンガポール・マレーシア・タイ)の管理業務を担当。
2011年7月~
インドネシア現地法人に赴任。同現地法人の立ち上げ、 日系・非日系企業に対する営業及び管理を担当。

3~5年後に目指すキャリア

今後直面するであろう様々な問題を右往左往しながら解決することで経験を積み、他国で現地法人企業に対する営業や新興国で新たな拠点設立を手掛け、国の発展や事業の拡大に貢献していきたいと考えています。

不動産リース(営業)

浅野 哲児2006年度入社 不動産ファイナンス第二部 営業グループ/法学部

浅野 哲児

現在の仕事内容と役割

土地・建物の不動産を当社が購入または新しく建築し、お客さまに賃貸する「不動産リース」の営業を行っています。
お客さまが必要とする物流施設や商業施設などの不動産について、資金面・オフバランス等の会計面のニーズにあわせたリースの提案をします。または、ディベロッパーと共同で様々な施設を開発し、テナントとして入居されるお客さまへリースの提案をします。
不動産は事務機器等のリース営業とは異なり専門性が高いため、専門部署として全国および海外全てを担当。他の国内営業部署や海外現地法人をサポートすることもあります。

仕事のやりがいと醍醐味

不動産の開発には計画段階から建物完成まで1~3年程度は時間を要します。また、投資額も数億~数百億と大きく、お客さまのニーズも多岐にわたります。試行錯誤を重ねながらも、競合他社に先んじた提案を行い、ご評価頂いたときはしびれますね。また、更地の状態から建物が完成し、景色が一変したときに改めて充足感を得ることができます。

現在の仕事に求められる能力

最近はお客さまのニーズが多様化しており、従来のスキームだけでは対応できない事例もあります。そのため、新しいスキームを考案する発想力、ニーズを正確に汲み取る対話力が最も重要です。

ある1日の仕事の流れ

8:30
出社 専門サイト、業界紙にて不動産業界の情報をチェック。
9:00
始業 社内で上司との打合せ。お客さまへの電話対応。
10:00
アポイント ディベロッパーからの新規プロジェクトの相談を受け、訪問。当該立地の実査。
11:30
昼食 オフィスビル内の社員食堂にて昼食。
13:00
アポイント 現場定例会にてお客さま・建設会社と建設中の物流施設の進捗を確認、仕様詳細等の打合せ。
16:00
デスクワーク 与信調査、リースの経済条件の計算、プレゼン資料の作成。
17:15
退社 プロジェクトが佳境に入った時以外は真っすぐ帰宅。

入社後のキャリア

2006年4月
新卒入社。1ヶ月の研修後、大阪営業第一部に配属。大阪府・奈良県内の企業向け設備リースの営業を担当。
2012年4月
不動産ファイナンス第二部に異動。東京を中心に全国および海外の不動産リース営業を担当。

3~5年後に目指すキャリア

不動産リースといっても、商業・物流施設・住宅・オフィスなど様々なアセットタイプがありますので、それぞれの特性に応じた良い提案ができることが目標です。また、不動産リース事業についても国内のみならず、2013年には台湾で海外初の不動産リース事業化にも成功しています。今後は他の国でも事業展開したいですね。