機械

伊藤忠アビエーション株式会社

グループエントリー

航空・防衛関連専門商社の先駆者として 更なる飛躍をめざします。

機械

業種

商社/航空・防衛関連

仕事の特徴

企画・営業・マーケティングに関わる仕事 /スペシャリストとして専門分野を極める仕事 /社会や人々の生活基盤を支える仕事 /若いうちから活躍できる仕事

事業内容

・防衛市場向け、航空機・装備品・関連機器・部品の輸入販売及び国内販売
・民間市場向け、航空機関連機器の輸入販売、航空機を核とした新規事業の開発

伊藤忠アビエーション株式会社

企業Profile

航空宇宙グループ中核事業会社

当社は、1972年に航空・防衛関連専門商社の先駆けとして設立されました。常に最先端テクノロジーが要求される中、CS重視の顧客対応を堅持・強化し、伊藤忠航空宇宙グループの一翼を担っています。
防衛ビジネスでは、ボーイング、レイセオン、ロッキードマーチン、ノースロップ・グラマンをはじめとする世界の一流航空宇宙関連企業と長年に亘るビジネスを通して形成された信頼関係とそれらの高度な技術力を基盤に、日本の安全保障、災害対応等多様化する任務を担う防衛省・自衛隊の要求に対応する防衛装備品、後方支援などのサービスを提供しています。

企業PR

経営理念

当社の役職員は、自らの仕事と会社に誇りを持ち、お客様の信頼を得るべく精進し、社業の発展を通じて社会貢献を目指します。

企業Data

本社所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル4階
代表者
代表取締役社長 笠川 信之
設立
1972年9月30日
資本金
払込 6億5千万円
売上高
367億円(平成29年度)
従業員数
103名(常勤役員、派遣社員含む)
主な事業所
名古屋支店
株主
伊藤忠商事(株)100%

フォトPR

  • ボーイングKC-767空中給油・輸送機

    ボーイングKC-767空中給油・輸送機

    KC-767は、航空自衛隊の戦闘機、輸送機等に対し優れた空中給油能力を有し受油機の作戦能力を飛躍的に向上させると共に、優れた輸送性能により人道支援等わが国の国際貢献に大きく寄与することが期待されます。

  • ロッキードマーチンPAC-3

    ロッキードマーチンPAC-3

    当社は、ロッキードマーチン社のPAC-3ミサイル及びペトリオットシステム能力向上器材の日本への導入を支援しています。

  • 政府専用機

    政府専用機

    現在の政府専用機は2018年度末に退役が予定されているため、代わりの政府専用機としてB777-300ER 2機の導入が政府によって決定されています。当社は2018年度に予定されている次期政府専用機の納入を担当しています。

募集要項

雇用形態
正社員
募集職掌/職種
総合職 : 航空機及び関連する装備品・機器・部品等の輸出入・国内営業を担当していただきます。
名古屋支店事務職 : 航空機営業部門における営業サポート、貿易事務、営業経理業務等を担当していただきます。
募集対象学部
全学部・全学科
応募資格
総合職
1. 2020年3月に四年制大学もしくは大学院を卒業見込で就業経験がないこと。
2. または、四年制大学・大学院卒業の方(2017年3月以降卒業の方)で、就業経験がないこと。
3. TOEIC 700点推奨

名古屋支店事務職
1.2020年3月に四年制大学もしくは短期大学を卒業見込で就業経験がないこと。
2.または、四年制大学・短期大学卒業の方(2018年3月以降卒業の方)で、就業経験がないこと。
3.TOEIC700点推奨
勤務地
総合職:東京本社/名古屋支店
名古屋支店事務職:名古屋支店
勤務時間
9:00~17:15(フレックスタイム制度有、標準労働時間1日7.25時間)
給与
総合職
大学卒 : 月給230,000円
大学院了 : 月給260,000円

名古屋支店事務職
大学卒 : 月給196,000円
短期大学卒 : 月給183,000円
試用期間
有(入社後3ヶ月間) 本採用後の労働条件との相違 : 無
昇給
年1回
賞与
年2回
諸手当
交通費全額支給、住宅手当 ほか
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)
祝日、年末年始、有給休暇(初年度14日)、慶弔休暇 等
保険(社会保険他)
社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険) 厚生年金基金、共済保険、団体扱い生命保険
福利厚生
退職金制度、福利厚生(アウトソーシング) 等
採用予定人数
2020年4月予定:総合職:若干名  名古屋支店事務職:若干名
採用実績人数
2019年4月入社予定:若干名
提出書類
履歴書、成績証明書 等
採用担当者連絡先
〒107-0052
東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル4階
経営企画部 人事担当
電話番号:03-6435-5100
E-mailアドレス:aviation@iaj.co.jp
会社ホームページ:https://www.iaj.co.jp/ 

人事担当者からのメッセージ

当社は、防衛省等公官庁及び日本を代表する航空機関連メーカーが主な取引先であり、またライフサイクルの長い製品を取り扱っていますので、誠実且つ責任感があり、人との交流において長く信頼関係を築ける方を求めています。また海外メーカーとの取引上「英語力」は必須となっており、語学力に自信のある方を歓迎します。

参考情報

過去3年間の
新卒採用者数・離職者数
採用者数:2018年度 0名/2017年度 2名/2016年度 2名
離職者数:2018年度 1名/2017年度 0名/2016年度 0名
過去3年間の男女別
新卒採用者数
2018年度 0名(男性0名、女性0名)
2017年度 2名(男性1名、女性1名)
2016年度 3名(男性2名、女性1名)
研修制度
全新入社員に対し、新入社員研修をはじめ、社会人の基礎となる知識修得のための研修を実施。
2年目以降は、若手・中堅・マネジメント層など階層別の研修を実施。
米国での海外実務研修制度も整備されています。
メンター制度
育児休業取得対象者数・
取得者数
取得対象者数:1名(女性1名、男性0名)(2017年度実績)
取得者数:1名(女性1名、男性0名)(2017年度実績)

スケジュール

<会社説明会 東京>
■募集職掌:総合職
  ※終了致しました。
  今後もエントリーは受付ますが、追加で募集があった場合のみのご案内になります。
    ご了承ください。

<会社説明会 名古屋>
■募集職掌:事務職
■開催日時:
 5月24日(金) 9:15~12:00、13:45~16:30
■会場:イオンコンパス会議室 名古屋駅前桜通口会議室 
 <名古屋市中村区名駅3-25-3 大橋ビルディング4F>
   ※名古屋駅 桜通口より徒歩4分
  各線「名古屋駅」より徒歩4~6分
 ★地図はこちら: http://www.aeoncompass-kaigishitsu.com/nagoya-sakuradoriguchi/access/

◎予約方法:下記よりご予約下さい。
 https://r-ship2.jp/2020/itochu-group/directEvent/79297/004/
※伊藤忠グループマイページに会員登録済の方はログイン後、マイページからご予約ください。
※会員登録がまだお済でない方はまずは登録をお願いします。

選考の流れ

  • エントリー
  • 会社説明会
  • 書類・筆記選考
  • 第一次面接
    (5月初旬)
  • 第二次面接
    (5月中旬)
  • 役員面接
    (5月下旬)
  • 内々定(5月末~6月上旬)

防衛装備品営業・輸出入業務

岡野谷 真之2013年度入社 ITOCHU Aviation, Inc./Program Management & Contracts/青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科卒

岡野谷 真之

現在の仕事内容と役割

米国大手防衛メーカーが取り扱う各種装備品を、防衛省をはじめとした日本のお客様へ、提案・販売・アフターケアも含めたサポート、具他的には契約履行に伴う納期管理・品質管理・輸出入業務等が主になりますが、日本からお客様が来られる際や展示会開催における現地サポートにも対応します。日米間での商習慣の違いや日本で培った業務知識を現地メーカーや社内スタッフと共有を図ることにより、業務の円滑化を図ったり、日本のみならず日本を取り巻く各国情勢など常に情報共有を図ることで、お客様への的確なアドバイスとサービスの提供並びに日本の安全保障に寄与するべく日々現地米国よりサポートしております。

仕事のやりがいと醍醐味

渡米後では需要者目線のみならず供給者目線での物事の捉え方を得る機会があること、これをベースに日米間での考え方や議論の共通点・相違点を見つけつつ合意点を見極める力、それが当社のみならず社会にとってもよしとなるか、まさに伊藤忠がモットーとする「三方よし」を体得できる機会が豊富にあることかと思います。また、個人的には、それまで「読む・書く」が主であった英語が「話す」ことになり業務のみならず私生活でも使うことで、その国の考え方や文化などを理解することもでき、日々刺激の連続です。

現在の仕事に求められる能力

防衛業界というと普段の生活からは馴染みがなく、求められる能力も想像しにくいものと思いますが、防衛に詳しくないと業務が務まらないという訳ではありません。社会に出てからは新しいことの連続ですので、遠慮なく周りから教えを乞い、何事にも興味と向上心を持つことが大切かと思います。当方の現在の業務の中で一つだけ取り上げるとすれば、英語でしょうか。日本に居てもそうですが仕事の大半は英語を使用しますので、これも日々勉強の積み重ねと自ら話す積極性は求められると思います。

ある1日の仕事の流れ

9:00
出社 メールチェック/社内会議/現地メーカーとの電話会議
11:00
ランチ 会社近くで済ませますが、偶に妻が作ってくれた弁当を持参
13:00
デスクワーク Los Angeles近辺の現地メーカーと面会の上、重要案件や緊急度が高い案件を重点フォロー
16:00
帰社 日本時間スタート現地メーカーとの面会結果報告等
17:00
デスクワーク メールチェック等
18:00
退社 帰宅。家族とBeachを散歩しつつ外食することも。ゴルフの自主練習はサボリ気味。

入社後のキャリア

2013年4月
入社・東京本社 営業第1部。航空自衛隊が運用する機体とレーダーの運用維持・後方支援業務をサポート。
2014年4月
異動・名古屋支店 営業第1部。航空自衛隊補給処業務並びに防衛装備品メーカーとの新機種製造における装備品納入の主担当案件を持つ。
2016年4月
主担当案件追加。機体プライムメーカーと後方支援業務を担当。
2017年11月
ITOCHU Aviation, Inc. Los Angeles本社へ実務研修生として赴任。
2018年11月
赴任から1年経過。残りの赴任期間にて、自身の能力向上と組織力強化に貢献する。

3~5年後に目指すキャリア

個人の能力向上のみならず海外赴任の経験を活かし組織力の強化・刷新を図ることで、お客様に提供できるサービスの質を高めること、これを基に信頼関係が成り立つものと信じています。商社が存在する意義とは何か、それが今までの商流とは外れていても、慣習に囚われない発想を持てる新たな商社パーソンとして、地道な努力を重ねていければと思います。担当案件ごとに新たな知見を得ることができる、良い素材が揃っていることが当社の強みでもあり、研修以上のものをOJT形式で若手のうちからどんどん学べる機会があることは非常に魅力的ですし、積極的に学んでいきたいと思います。

防衛装備品営業

間山 莉奈2016年度入社 防衛営業本部 営業第2部/上智大学 法学部 国際関係法学科卒

間山 莉奈

現在の仕事内容と役割

米国大手防衛メーカーの代理店として、防衛装備品の輸入・販売を行っています。客先は防衛省・自衛隊や、国内重工業メーカーです。私は防衛省保有の輸送機・哨戒機・戦闘機・護衛艦等のエンジン部品を担当しており、これらの機体の確実な運用を支え国防に資するべく、日々の業務に取り組んでいます。具体的には、米国メーカーの商品を国内メーカーへ提案・販売し、契約締結後は納期管理や各種問合せに対応することが主な仕事です。売主と買主の間の言語・商習慣・文化などのギャップを埋め、より円滑な取引ができるよう、日々工夫を重ねています。代理店として製造会社の販売量を増やしながら、国内客先のニーズも満たさなければならず、加えて自社の利益も最大化する必要があるため、そのための解決策や折衷案を考えて交渉をリードする役割が求められます。

仕事のやりがいと醍醐味

日々の業務が全て防衛装備品の運用状況と日本の安全保障に繋がっていることがやりがいです。防衛装備品の売買や輸出入にあたっては、米国の国防総省・国務省・商務省や日本の経産省など、様々な機関の規定に従う必要があるため、関連知識も身に付きます。ビジネスの面から国家安全保障に携われることに、大きな魅力を感じています。

現在の仕事に求められる能力

相手の要望や妥協点を聞き出す力。様々な立場から客観的に状況を捉える力。コミュニケーションツールとしての英語。取引先と良好な人間関係を築くこと。長期的視野で物事を捉えること。日々刻々と変化する国内外の情勢に興味を持ち勉強を続けること。

ある1日の仕事の流れ

9:00
出社 メールチェック。米国メーカーや海外支店と電話会議。
10:00
デスクワーク 問合せへの回答や、見積・発注作業、会議資料の作成など。
11:00
打合せ 難しい問題は上司に相談、今後の方針を決定する。
12:00
ランチ 赤坂周辺で先輩や同期とランチ。
13:00
外出 防衛省や国内メーカーに出向き打合せ・商談。
16:00
デスクワーク 帰社後、打合せの結果や調整事項をまとめ関係各所へ連絡。
18:00
退社 上司や同期と飲みに行く(会食のことも)。趣味の時間を楽しむ。

入社後のキャリア

2016年4月
入社。防衛営業本部に配属され、先輩社員にOJTで指導を受けながら伊藤忠の研修を受ける。
2016年7月
先輩社員が産休に入ったため、上司とアシスタントの指導のもと、主担当として責任を持つことに。航空機/艦船エンジンの修理用部品を取り扱う。
2017年3月
米国での検査や会議を取り仕切るためロサンゼルスへ出張。
2018年1月
今までの案件を継続しつつ、新たにF-15の機体の維持整備に関わるビジネスも担当させてもらえることに。
2018年7月
各案件において、予算要求の折衝から、契約、履行のフェーズまで様々な仕事を同時並行で行うようになる。アシスタントの協力を得ながら日々の業務をこなしつつ、自己研鑽のため製品知識等の勉強にも積極的に取り組む。

3~5年後に目指すキャリア

担当案件において、日本の防衛力に資する内容で、かつ自社の利益が大きくなる契約を締結~履行まで完遂したいです。また、装備品の運用状況に貢献すべく、状況に応じて調達方法や売り込み方にも工夫を凝らしより魅力的な提案活動ができるよう、様々な視点から物事を捉えられる営業職を目指しています。将来は米国駐在員として日本の国防力向上に役立つような米軍の情報をキャッチし、新たな商品の提案活動をサポートできる人材になりたいです。

防衛装備品営業

冨士原 大悟2015年度入社 防衛営業本部 営業第1部/早稲田大学・国際教養学部・国際教養学科卒

冨士原 大悟

現在の仕事内容と役割

海外大手防衛メーカーと防衛省・自衛隊を繋ぐ仕事をしています。私は主に航空自衛隊の運用する航空機の構成部品・試験器材・電子機器等を担当しています。業務内容としては、航空自衛隊への海外メーカー製防衛装備品の提案・販売、及び輸出入や修理・整備に関する支援を行っています。取り扱っている機体や器材、部品は多岐に渡る為、国内客先や海外メーカーとのお付き合いも幅が広く、個々に合わせた調整が必要です。上司・先輩・アシスタントの指導や手助けを受けながら、国内外の取引先と何度も打ち合わせを重ね、提案・契約・納入を行っています。また、伊藤忠商事と連携した様々な研修プログラムにも参加し、業務の理解深化、遂行能力の向上に努めています。

仕事のやりがいと醍醐味

防衛省や海外防衛メーカーの方々との仕事を通して、日本の安全保障に貢献しているという点に大きなやりがいを感じます。防衛省や国内取引先と海外メーカーを繋ぐという立場上、価値観や言語の違いから苦労を感じることも少なくないですが、要求達成や問題解決から得られる喜びは非常に大きいです。また、メディア等を通じて担当する機体の海外派遣や災害支援での活躍が報道された時は、自分の仕事へのやりがいを強く実感することができます。

現在の仕事に求められる能力

担当する案件によっては数多くの国内客先・海外メーカーの方々と付き合うことになるので、個々に合わせた調整ができる柔軟性が必要です。また、防衛関連業務に関する知識や契約業務を行うのに最低限必要な法律知識、日本だけではなく世界各国の防衛関連のニュースやトレンドを自ら学ぶ姿勢や努力が必要だと思います。

ある1日の仕事の流れ

9:00
出社 デスクでメールチェック、返信。米国メーカーや米国グループ会社と電話会議。
10:00
デスクワーク 優先順位の高いものから順次処理。
12:00
ランチ 赤坂周辺で上司・先輩・同期とランチ。
13:00
上司と相談 上司と案件状況、今後の方針について相談。判断を仰ぐ。
14:30
外出 防衛省や国内客先に出向き打合せを実施。
17:00
デスクワーク 帰社後、客先との打合せの結果や、調整事項を纏め海外メーカーに報告。
19:00
退社 上司や同期との食事や、趣味のスポーツを楽しむ。

入社後のキャリア

2015年4月
入社。営業第2部に配属。航空自衛隊が運用する各種航空機の後方支援を担当。
2016年4月
営業第1部に異動。各自衛隊で運用する敵味方識別機の次世代化提案等を担当。
2017年5月
担当する機材の世界各国のユーザー会議出席や各客先との打合せのため初米国出張
2017年4月
前年度担当案件に加え、航空自衛隊の運用する早期警戒管制機の後方支援を担当。
2018年4月
新規案件として欧州の企業で製造する製品の提案・マーケティングを担当。

3~5年後に目指すキャリア

担当案件において、過去最大の社益、顧客満足度を獲得できる様、日々邁進していきたいです。
今後は、伊藤忠商事への出向や海外駐在員として活躍することを目指し、努力していきたいと考えています。