食料

プリマハム株式会社

個別エントリー

おいしさ、ふれあい。

食料

業種

製造業(食料)

仕事の特徴

企画・営業・マーケティングに関わる仕事 /スペシャリストとして専門分野を極める仕事

事業内容

■【業界のパイオニア】食肉、ハム・ソーセージ、加工食品の各分野を柱とした事業を展開■
私たちは創業以来、日本の食文化を支え、より良い商品作りに努めてきました。
国内外に及ぶ一貫生産体制、徹底した品質管理、未来を見据えた研究開発。取り扱う商品も多岐に渡ります。
安心で安全な商品を届ける事をモットーに全国に事業展開し、お客様の「おいしい」食シーンの演出のために食に関わるあらゆる分野に挑戦しています。

プリマハム株式会社

企業Profile

「いつも、ずっと、お客様に愛され、支持される会社」を目指して

プリマハムは、業界のパイオニアとして、ハムソーセージの製造に始まり、食肉事業、加工食品事業へと日本の食肉文化の成長とともに歩んでまいりました。食肉事業は、川上から川下まで一貫した管理を行い、安全・安心な食肉の安定供給に貢献しています。加工食品事業では創業以来、おいしさを追求し続けてきた確かな技術に裏打ちされた製品造りで、日々の生活のあらゆるシーンに合わせた商品を提供しています。お客様にとって、社会にとって「いつも、ずっと、お客様に愛され、支持される会社」を目指して努力を続けています。営業、品質管理、技術開発、生産技術など、皆さんの活躍出来るフィールドをご用意しています。

楽しく豊かな食の未来を創造~おいしさ ふれあい~

プリマハムはお客様との絆を大切に、食の「おいしさ」、人との「ふれあい」を通じて楽しく豊かな食の未来を創造しています。安全で安心な商品をお届けすることをモットーに、原材料の仕入れから加工、製造、物流まですべての工程においてISOやHACCPといった複数の品質管理基準に加え、プリマハム独自の基準による徹底した品質管理を行っています。またお客様から届く声やマーケティング調査などを通して、お客様の食卓がよりおいしく、楽しいものになるように新しい商品の開発や、メニュー開発、食べ方のレシピ提案等を行っています。

企業PR

お客様に【笑顔と安心】を届けるために・・・

私たちの使命はお客様に【笑顔と安心】をお届けすること。例えば、営業はただの”注文取り”ではなく、消費者のことを考えた提案営業。徹底的な顧客視線をモットーに販売戦略を練り、エンドユーザーに食べる喜びを伝えるために、顧客に合わせた最適な提案・売り場作り・商品開発まで行います。また、安全で確かな商品をお届けするために、研究や開発業務、品質管理も重要な仕事です。どの職種においても、若手にもチャンスはいっぱい!覚える事は多いけれど、大きなやりがいと成長が待っています。もちろん、頼りになる先輩社員がしっかり、フォローしてくれます。【笑顔と安心】をお客様にお届けし、私たちと一緒に食の未来を創造しませんか?

「安心して働ける」環境

仕事で力を発揮するためには、安心できる生活基盤と精神的充足が必要です。プリマハムでは、住宅関連の福利厚生制度を特に充実させているため、独身のときも、結婚してからも、少ない自己負担で寮や社宅に住むことができます。その他にも財形貯蓄、従業員持株会、確定拠出年金など、従業員の資産形成に関する制度が多数あり、従業員が安心して働くことができる環境が整備されています。また、近年では従業員自身が自由に使途を選択できる「カフェテリアプラン」を導入するなど、様々な福利厚生制度が存在します。

企業Data

本社所在地
〒140-8529
東京都品川区東品川4-12-2
代表者
代表取締役社長 千葉 尚登
設立
1948年7月9日
資本金
79億8百万円
売上高
3,945億円(2018年3月期・連結)
従業員数
3,164名(連結)
主な事業所
◆本社・支店◆
 本社(東京都品川区)、
 東北支店(仙台市)、関東支店(東京都品川区) 
 中部支店(名古屋市)、関西支店(大阪市)
 中四国支店(広島市)、九州支店(福岡県)
◆工 場◆ 
 北海道工場(十勝清水)、茨城工場(土浦市)
 三重工場(伊賀市)、鹿児島工場(いちき串木野市)
◆研究機関◆
 基礎研究所(土浦市)
 生産技術開発部(土浦市)
◆物流センター◆
 関東物流センター、三重物流センター 他5ヶ所
プリマハムが大切にしていること
<経営理念―プリマの原点―>
一、正直で基本に忠実
一、商品と品質はプリマの命
一、絶えざる革新でお客様に貢献


<経営ビジョン>
1.一人一人が創造力、提案力とスピーディーな行動力を発揮し
2.卓越した商品開発力と技術力を集結して、総合力でお客様に安全でおいしい食品と
3.関連情報を提供し健康で豊かな食生活に貢献する。
4.果敢に自己変革して収益力のある総合食品企業に脱皮する。

フォトPR

  • 世界でも認められた「おいしさ」

    世界でも認められた「おいしさ」

    ドイツ農業協会(DLG)が主催する世界最大規模の加工食品コンテスト「ドイツ国際品質競技会」において、プリマハムが出品した「香薫あらびきポーク」が金賞を受賞しました。プリマハムの代表商品でもある香薫の「おいしさ」は国内のみならず、本場ドイツでも高く評価されています。

  • 独自技術を用いた「革新的ものづくり」

    独自技術を用いた「革新的ものづくり」

    プリマハムは自社で技術開発部門をもち、ロボット開発などを通じて新しいものづくりや生産性の向上を支えています。外部の機械メーカーに全てを任せるのではなく、自社で機械設備からつくりこむことによって「プリマにしかできない」ものづくりが実現できます。また、近年においてはロボット技術を応用した自動化ラインの展開によって、生産性向上を推進するなど、プリマハムの生産現場をハード面から支えています。

  • 「成長できる」環境

    「成長できる」環境

    プリマハムでは(1)次世代人材育成プログラム(2)スキルアップ即効性プログラム(3)スキルアップ支援プログラム、この3点を中心とした教育制度があります。近年では若手社員の留学派遣も積極的に行っており、ドイツへの海外留学(本場でハム、ソーセージ等のものづくりを学ぶ)や、食肉専門学校での国内留学など、成長するための、様々な機会があります。また今後は、より積極的に海外派遣の人数を増やし、グローバルな人材を育成していく計画を抱いています。

募集要項

雇用形態
正社員
募集職掌/職種
【営業系】
・企画提案営業(食肉、ハム・ソーセージ、加工食品)
・商品開発・提案(外食産業向けメニュー・食材の開発・提案営業)

【技術系】
・品質保証(工場品質管理課含む)
・研究開発
・生産製造技術開発 (設備エンジニアリング)
募集対象学部
全学部/全学科
応募資格
2019年3月に四年制大学もしくは大学院、高専卒を卒業見込で就業経験がないこと。
勤務地
本社(東京)、支店(宮城・東京・名古屋・大阪・広島・福岡)、 工場(北海道・茨城・三重・鹿児島)、基礎研究所、生産技術開発部、 その他全国(海外を含む)
※募集はすべて全国勤務の職種となります。
勤務時間
2019年4~7月 8:00~16:45(実労働時間7時間45分)
2019年8月~  8:00~16:45(実労働時間7時間45分)※勤務地・職種により異なる
  8:45~17:30(実労働時間7時間45分)※勤務地・職種により異なる
給与
初任給(2018年度実績)
大卒:月給210,000円
大学院卒:月給222,000円
高専卒:月給187,000円
試用期間
有(入社後3ヶ月間 、待遇は本採用時と同じ)
昇給
年1回
賞与
年2回
諸手当
交通費(実費支給)、時間外勤務手当、住宅手当、家族手当、技術手当、営業手当ほか
休日・休暇
■週休2日制(基本:土・日もしくは水・日)、年末年始・夏季休暇ほか 年間休日118日(2018年度実績)
■休暇
 有給休暇(初年度13日 次年度14日 最高20日)<翌年まで繰越し可能>
 ※計画有給休暇(年間5日)
 ※失効する年次有給休暇を、最大40日を限度に保存年次有給休
  暇として積み立て、疾病、家族介護にあたり取得可能
 特別休暇
 育児休暇
 介護休暇
 子の看護休暇
 ボランティア休暇
保険(社会保険他)
健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
福利厚生
財形貯蓄制度、独身寮完備、借上社宅制度、カフェテリアプラン、確定拠出年金、各種慶弔見舞金
採用予定人数
約50名
採用実績人数
2019年4月入社予定:53名
提出書類
OpenES、履歴書
採用担当者連絡先
〒140-8529
東京都品川区東品川4-12-2
プリマハム株式会社
人事部採用・教育課
Email:saiyo@primaham.co.jp
※お問い合わせはE-mailで受け付けています。

採用実績校

青山学院大学、秋田県立大学、麻布大学、茨城大学、岩手大学、大阪市立大学、帯広畜産大学、鹿児島大学、神奈川工科大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、北里大学、九州女子大学、京都産業大学、近畿大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、駒澤大学、埼玉大学、芝浦工業大学、首都大学東京、湘南工科大学、女子栄養大学、椙山女学園大学、成蹊大学、西南学院大学、専修大学、大東文化大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東京海洋大学、東京経済大学、東京工科大学、東京工芸大学大学院、東京農業大学、東京農工大学、東北大学、同志社大学、新潟大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、日本大学、阪南大学、広島大学、福井県立大学、法政大学、北海道大学、宮崎大学、明治学院大学、明治大学、名城大学、酪農学園大学、立教大学、立命館大学、和光大学、早稲田大学

【一人ひとりがイキイキと働ける職場】

例えば・・・
 社内では、役職名ではなく「○○さん」と呼び合います。
 従業員同士の「コミュニケーション」を良くするためです。
 一人ひとりが相手のことを思いやり、高い倫理観を持ち、
 企業人として礼節を重んじることを大切にする職場です。

参考情報

過去3年間の
新卒採用者数・離職者数
採用者数:2018年度 31名/2017年度 22名/2016年度 28名/
離職者数:2018年度0名/2017年度 0名/2016年度 2名/
過去3年間の男女別
新卒採用者数
2018年度:31名(男性20名、女性11名)
2017年度:22名(男性16名、女性6名)
2016年度:28名(男性18名、女性10名)
平均勤続年数
19.9年(2018年3月時点)
研修制度
あり
入社後に新入社員基礎研修・専門実習(集合研修)、入社2年目研、入社3年目研修、 ビジネス基礎研修、女性活躍キャリア研修、中堅社員研修、新任係長研修、新任管理者研修、管理者研修、営業マン研修、ハム・ソーセージ・ベーコン製造技能士検定に向けた実技研修、また、年1人・1年間の海外留学(ドイツ)及び、年数人・半年間の食肉専門学校への国内留学を実施しています。
自己啓発支援制度
あり
ビジネス関連の講座を中心とした約200コースの通信教育のなかから、社員一人ひとりのニーズに合わせて受講できる制度で、修了時に受講料の50%を会社が援助し、自己啓発を支援しています。加えて資格取得報奨金制度もあります。
メンター制度
あり
所属部署以外の先輩社員が1年間ついて、業務外の相談なども含めサポートしています。
キャリアコンサルティング制度
あり
自己申告書をもとに、今後のキャリアやスキルアップについて、上司と面接を行います。
社内検定等の制度
あり
昇進資格試験
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
23.9時間(2017年度実績)
有給休暇の平均取得日数
(前年度実績)
8.5日(2017年度実績)
育児休業取得対象者数・
取得者数
女性取得率100.0%
(育休取得者 9人/取得対象者 9人)
男性取得率7.1%
(育休取得者 1人/取得対象者 14人)
役員・管理職の女性比率
役員   0.0%
管理職  0.1%

スケジュール

3月より会社説明会、4月中旬より選考会を開始致します。
エントリー頂いた方には詳細が決定次第ご案内いたしますので、
まずはリクナビよりエントリーをお願い致します。

選考の流れ

  • リクナビよりWEBエントリー
  • 会社説明会
  • SPI受験・履歴書提出
  • グループ面接・論文試験
  • 個人面接(数回)
  • 役員面接
  • 内々定

ゼロからメニューをつくりだすやりがい

2016年度入社 営業本部 フードサービス事業部/国際食料情報学部

現在の仕事内容と役割

大手外食チェーン店へ、商品の提案を行っています。お客様のご要望に沿った商品を作るため、商品の開発段階から生産工場とも連携をとりつつ、商品作りを進めていきます。何もないゼロの状態からメニューをつくりだすため難しさがある一方、とてもやりがいのある仕事です。外食チェーンは半年~1年以上先のメニューの提案を考えることも多くトレンドやスピードを意識しながら営業活動をおこなっています。

現在の仕事に求められる能力

現在の部署で働くうえでは、食に対するトレンドに敏感であることが大切です。「ただ食べる」のではなく、美味しい店や話題の店にも積極的に足を運び、「どのような商品がお客様に支持されるのか」を考えながら食べる習慣がつきました。また、職場には幅広い年代の人たちがいるため、様々な人たちと円滑にコミュニケーションがとれるようになったと思います。

ある1日の仕事の流れ

8:45
始業、朝礼
9:00
メールチェック 在庫調整、在庫ミーティング
10:00
資料作成 プレゼン資料作成
12:00
昼食
13:00
商談2件
17:00
帰社 商談内容の整理、次回商談の提案書、資料作成
18:30
週報
19:00
退社

海を越えて、日本のお客様に良質なお肉を届ける

2012年度入社 調達(食肉事業本部)/畜産学部

現在の仕事内容と役割

食肉事業本部の一員として米国に駐在し、プリマハムで取り扱う一部の食肉製品の調達業務を担当しています。日本が求める品質や規格を海外のサプライヤーに理解してもらうために商談の実施や工場訪問にて製品の品質確認も行っています。日本のお客さまに喜ばれる食肉をお届けするため、海外のサプライヤーとの 信頼関係を構築することも重要な仕事です。サプライヤーとのコミュニケーション手段はすべて英語になるため挑戦の毎日です。

仕事のやりがいと醍醐味

食肉、ハム・ソーセージ、加工食品問わず、商品を取り扱う中で、国内外の多くの方とお会いしお話する機会があります。実際に海外ではタイ、中国、オーストラリア、デンマーク、アメリカ、カナダに訪問しました。プリマハムに入社し、様々な考え方や文化・価値観に触れる機会が多かったことから、幅広い視野をもち、物事を客観的に見れるようになりました。現在は特に海外の方とコミュニケーションを取ることが多いことから、自分の想いを英語で伝える力も磨かれていると感じています。

ある1日の仕事の流れ

8:30
出社、メールチェック 日本・米国での相場確認
10:00
サプライヤーと情報交換
12:00
昼食
13:00
地元スーパーでの食肉製品視察
15:00
飛行機にて移動 シカゴ→ネブラスカ
18:30
訪問先工場到着 サプライヤーと夕食

食の安全・安心を守り抜く

2016年度入社 加工食品事業本部 生産本部 三重工場/獣医学系研究

現在の仕事内容と役割

工場で製品が製造されるまでの様々な過程に携わっています。
まず、新規提案商品等がある場合にはラインテストの計画やサンプル作成の補助等を行い、新規商品が決定した場合には、配合・表示・検査結果等の規格書を登録する業務を行います。生産開始前には、製造方法や品質基準を製造現場に落とし込み、実際の生産で基準通りの作業が行われているか、製品の品質に不具合が無いか確認して、お客様に安全・安心で品質の安定した製品を届けられるようにしています。「品質管理課」と聞くと検査関係が業務の大半を占める部署というイメージがあるかもしれませんが、プリマの品質管理の仕事は多岐に渡ります。工場内外の様々な部署と連携して業務に取り組むことも多いので、情報共有とコミュニケーションを大切にしながら仕事に取り組んでいます。

仕事のやりがいと醍醐味

入社した頃はとにかく目の前の仕事が新しいものばかりで、何をするにも常に不安が付きまとっていました。最初はミスも多く落ち込むこともたくさんありましたが、先輩や上司のフォローもあり、少しずつ自信を持って仕事ができるようになりました。リーダーとして任されている業務もでき、今では先輩や上司や他部署の方が私を頼って質問してくれることもあります。だんだん信頼を獲得していると、日々成長を感じています。

ある1日の仕事の流れ

8:00
出社、メールチェック ミーティング、連絡事項や仕事の予定を確認
9:00
新商品サンプル試作対応
11:00
工場巡回 品質管理基準に則って、作業されているか、改善点はないか確認
12:00
昼食
13:00
書類作成 新規配合の新商品について、配合率を登録し、原材料名等の表示内容を作成
14:00
書類作成 新商品の規格書を作成し、社内システムへの登録
15:30
仕様書の確認 得意先指定の書式に合わせた、仕様書の内容を確認
16:45
翌日の仕事を確認し、退社