機械


トーヨーエイテック株式会社

テクノロジーの未来を見つめる

機械

業種

機械

仕事の特徴

スペシャリストとして専門分野を極める仕事 /グローバルなビジネスに関わる仕事

トーヨーエイテック株式会社

工作機械・自動車部品・表面処理事業を展開する“モノづくり”企業のトーヨーエイテック。
その歴史は1950年に自動車メーカーのマツダが自社用に研削盤を開発・製造したことに始まり、今では世界の自動車・機械産業を支える存在にまで成長しています。
特に内面研削盤の販売では国内トップシェアを誇り、「内研のTOYO」として世界から信頼されています。

※掲載情報は2019年12月27日時点の内容となります。

事業内容

3つの主要事業で「卓越したモノづくり」に挑戦する

事業の柱は「工作機械」「表面処理」「自動車部品」の3つの分野。それぞれ開発、製造、販売までをワンストップで行うモノづくりカンパニーとして、国内外に製品を供給しています。最大の強みである内面研削盤の販売では国内トップシェアを誇り、さらに表面処理事業のハードコーティング技術も業界で高い評価を獲得。また、自動車部品事業では2018年にAT用オイルポンプの生産累計が2000万台を超えるなど世界の自動車・機械産業を支えています。このようにジャンルの異なる事業分野で、つねに「卓越したモノづくり」に挑戦し続けています。

事業内容
事業内容
トピックス
代表取締役社長 市田 雅彦

トピックス

3事業の優れた技術を
強みに最先端を走り続ける

当社は「内研のTOYO」と呼ばれるほど工作機械業界で知られていますが、金型などに超硬質の膜を作るハードコーティング技術によって表面処理事業を大きく発展させ、さらにマツダへの自動車部品供給を目的とした自動車部品事業によって経営の安定化を図っています。これら3事業の優れた技術を強みにトップクラスメーカーとしてベストな提案を続け、時代の最先端を走り続けています。

メッセージ

革新的なソリューションを提供できる
モノづくりカンパニーを目指す

当社は2020年の東京オリンピックイヤーに創立70周年を迎えますが、これからもお客様のご期待を超える商品・サービスを提供するために、つねにお客様視点で理想を描いてその実現に向けて挑戦します。「当社に依頼すれば、どんな困難な技術課題も解決できる革新的なソリューションを提供してくれる」との信頼を寄せていただける卓越したものづくりカンパニーを目指します。
代表取締役社長 市田 雅彦

社員インタビュー

社員インタビュー
世の中にまだないものを創り出す喜びのある会社です

工作機械の新規開発チームのリーダーとして社会にまだない製品を創る仕事に従事。この仕事は「生みの苦しみ」がありますが、製品が完成した時の喜びは格別です。設計のみならず営業、実験、製造などの各部門が協力して新しいものを創り出そうというチームワークも当社の強みのひとつです。

開発設計部2003年入社國重 正博MASAHIRO KUNISHIGE

当社の特徴はお客様の要望に迅速に対応すること。以前もお客様から「コーディング時の処理温度を知りたい」という依頼を受けて製造現場の稼働中の炉をストップさせ実証のための運転をしました。こうした対応がお客様から信頼を勝ち取っています。

表面処理部門 設計開発担当2015年入社藤井 弘樹HIROKI FUJII

オイルポンプの新製品を開発するには常識に捉われない新しい発想が不可欠で、私もこれまで計測できなかった高速回転する部品の内部を、特注のセンサーを導入して観測することに成功。つねに新しいことに挑戦できる環境です。

自動車部品技術部2013年入社丸田 香KAORU MARUTA
PAGE UP